東日本大地震 支援サイト   岡山政経塾

2011.10.23 皆さま、ご協力ありがとうございました。
【こたつプロジェクト】「3.11支援プロジェクト@岡山」支援物資出発
「3.11支援プロジェクト@岡山」こたつプロジェクトに、ご協力ありがとうございました。
〜被災地の仮設住宅へ〜

 ご存知ですか?大震災から半年が過ぎ、今、仮設住宅へ多くの被災者の方が入居されています。仮設住宅には「電気・ガス・水道」、「エアコン」、「冷蔵庫」、「洗濯機」、「テレビ」は完備されていますが、何故か【こたつ】がありません。仮設住宅では、水道光熱費は実費です。年金で暮らしているお年寄りは、この暑かった夏にも冷房を切り、全てのコンセントを抜き、節約生活をしておられました。
 気仙沼体育館でリーダーをされている坂井氏は言います。「お腹がいっぱいになり、足元だけでも温かければ、生きる活力になるんだ!」そう言っておられました。最高気温が0度に届かない日がある東北地方の気温。私たちは、被災地の皆様のご要望にお応えして、【こたつ】をお届けしようと計画しました。
 この度、台湾北屯ライオンズクラブ様から120万円、岡山西ライオンズクラブ様から120万円、計240万円を3.11支援プロジェクト@岡山の【こたつプロジェクト】へご支援いただきました。その支援金で600台のこたつを購入し、被災地へお届けいたしました。
 同時に、この岡山から私たちの温かい気持ちを【こたつ】に託して、送り届けようではありませんか。

この呼びかけに対し、多くの方々のご協力に心より感謝申し上げます。
 「これから冬になり寒くなる」ということから、【こたつプロジェクト】を発足。
 台湾北屯ライオンズクラブ様と、岡山西ライオンズクラブ様から、計240万円を【こたつプロジェクト】へご支援いただきました。10月20日、600台のこたつが、【こたつプロジェクト先発隊】として、岡山を出発しました。

「速報」 10月23日 17時頃 10トントラック出発
 そして、10月22日(土)と10月23日(日)の両日、「被災地に暖【こたつ】を届けよう!」の呼びかけに、多くの皆さんから暖かいご支援を頂きました。ホントに、本当にありがとうございました。
 23日16時前に10トントラックがきて、20数名の老若男女が総出で荷物を積み込んで、出発しました。
先発隊の報告による地、10月20日の気仙沼は、まだこんな状況です。
中国学園の学生ボランティア、岡山西ライオンズクラブの皆さまと「こたつ」を配達。とても喜んでいただけました。
10月22日(土)、23日(日)9:30〜16:30 岡山ドームにて
■募集品目 :  こたつ ・ こたつと言えばみかん ・ お米 ・ 野菜 ・ 使い捨てカイロ(テーブル式・新品か新品に近いもの・梱包して頂ければ幸いです)
■募集日時 :10月22日(土)9:30〜16:30
          10月23日(日)9:30〜16:30
■場   所 : 岡山ドーム
■出   発 : 10月23日夜、被災地に向けて出発
■連携団体 :  岡山西ライオンズクラブ
         台湾北屯ライオンズクラブ
          中国学園大学・中国学園短期大学

沢山の支援物資をありがとうございます。
支援物資には愛情溢れるコメントが記載されています。
現地で活動してくれる中国学園大学の学生は「たくさん来たらたくさん配れるぅ!」 と、心待ちにしているそうです。
気仙沼に87ヶ所3500戸以上ある仮設住宅には、思った以上に ご老人が多く、大変喜んでいただきました。
地元新聞「河北新報」には、小さな子どもと若いお母さんが喜んでいる記事が記載されたそうです。

明朝(24日)にはトラックが到着・・・中国学園大学の学生さん、配達作業をヨロシクお願いします。
※ご協力頂いた支援物資と支援金は下記の通りです。
 沢山の、ご支援、ありがとうございました。
種類 合計
コタツ 271個
328kg
玄米 210kg
みかん 38kg
あんか 17個
カイロ 1293個+202箱(1箱何個入りかは確認できず)
湯たんぽ 144個
コタツ布団 2枚以上
野菜 70kg(かぼちゃ、じゃがいも、たまねぎ、キャベツなど)
アルコールジェル 565本
毛布 500枚
支援金 18090円