東日本大地震 支援サイト   岡山政経塾

2011.03.21 岡山政経塾と外部専門家による「拡大会議」
岡山政経塾と外部専門家による「拡大会議」

会合日時 : 3月20日(日) 19:00〜21:00
会合場所 : 岡山政経塾

議題と主な概要:

1.現在不足している物資
  (1)歯ブラシ、 (2)マスク  (3)アルコール消毒液  (4)ヘルメット(500個)  (5)医薬品

2.赤十字飛行隊岡山支隊(支隊長・寺岡伸二岡山航空社長)より報告
 19日朝、日本赤十字社の出動要請に応じ、東日本大震災被災地に救援物資を空輸した。
 「赤十字飛行隊岡山支隊」の小型プロペラ機が岩手県・花巻空港に向けて、 岡南飛行場(岡山市南区浦安南町)を飛び立ち、岩手県陸前高田市で活動中の日赤岡山県支部救護班に医薬品などを緊急補給してきた。
 レシプロ機で往復すると、約15万円の燃料代がかかる。
 日本赤十字社への募金には「義援金」と「活動資金(社資)」の二種類がある。
 出来れば、赤十字飛行隊岡山支隊に対する支援を仰ぎたい。

3.福武教育文化振興財団 事務局長 中野行雄さんより報告
 参考サイト 岡山県内からの救援物資の受付及び被災地でのボランティア情報について
 3月17日以降 毎日9時から19時までボランティアを募集している。
 初日は800人の参加者があった。その後、200人→100人と減少している。
 また、支援物資を持って来られる方も減少している。(告知方法、PRが課題)
 食料品、衣料品については受付を行っていないが、かさばらないモノは受け取っている。

4.岡山航空(株) 寺岡社長、(株)ジャプコン 佐々江さん、皆部さんから報告
 岡山から東北各県の主要都市に、支援物資は届くが、肝心の「被災地」には届かない。
 拠点から、被災地までの道路網が寸断されており、届けることが出来ない。
 岡山から個人レベルで送った荷物は届いている。60Kg程度ならOK(柳井さん)
 JP(日本郵便)は、動けない状況

5.岡山政経塾としての支援について・・ 本田元県副知事、スタイルケアなど
 地震+津波と言う未曾有の災害に対して、中長期的なスパンでの支援が必要
 岡山政経塾としては、支援の幅をむやみに拡大するのでは無く、
   「岡山政経塾ならでは!」の支援を行うべきである。
 
「現状での課題」
1.交通網が遮断されており、真の被災地に支援物資が届かない。
2.行政が支援物資を整理して配付する予定であるが、動きが悪い。
  (例)岡山県 支援物資受付:生活交通課  搬出:危機管理課  と担当が変わる。
     セクショナリズムや連携不足が懸念される。
3.ガソリンや軽油、灯油が不足している。
4.支援する相手先と受入体制の連携が取れていない。
5.岡山県内でもさまざまな動きがあるが、県内でも情報共有の仕組みができていない。

「岡山政経塾としての支援活動」(決定事項)
 1.被災地からの要望による支援物資を集める
  (1)歯ブラシ・・・山中さんが800〜1,000本を確保してくれました。(感謝)
  (2)マスク
  (3)アルコール消毒液
  (4)ヘルメット(500個)
  (5)生理用品、子どものおむつ
  「その他」応急処置物品、ウェットティッシュ、ホッカイロ、ディスポ手袋、タオル、
        ティッシュペーパー、ビニール袋各サイズ、軍手、ひげそりなど
 (お願い)支援物資は、いずれも「開封していない」「箱単位」でお願いします。
 (支援物資の持ち込み先) 岡山政経塾 事務局までご持参ください。
 (日赤募金箱の設置) 岡山政経塾 事務局に「募金箱」設置しました。
 支援物資や赤十字飛行隊岡山支隊 活動資金の募金にご協力ください。

 2.近日中に現地へ飛行する支援機で運ぶ。
 ・まずは、ピンポイントで現在現地につながっている日赤岡山支部ルートをいかす。

 議事録は「小川監事」からのメールを参照ください。
※個人または法人で義援金&活動資金を粗金する場合は下記サイトを参照
東北関東大震災義援金(岡山)

振替口座
(口座名義)日本赤十字社  東北関東大震災義援金
(口座番号)00140-8-507

 または
(口座名義)中央共同募金会 東北関東大震災義援金
(口座番号)00170-6-518