2016年度 第十五期生 塾生一覧

▼岡山政経塾 2016年度 第十五生塾生名▼
中西 充 春名 充明 藤原 行照 真鍋 智也
萬成 沙織 山崎 穂 和田万里奈
中西 充
2016年度 第15期生として入塾させていただきました、「中西 充(なかにし まこと)」と申します。40歳を過ぎ、これまで多くの「学びの機会」を得ることが出来ました。そうした中で、より一層と勉学をし、自分を高めて行きたいという思いが強くなっています。社会の仕組を自分の視点から汲み取り、今ある問題や課題を如何に見出し、対策に向けた取組ができるようになるのか。岡山政経塾を通し、この一連のプロセスを是非学び取り、自他ともに生かして行きたいと思います。一年間、どうぞよろしくお願い致します。
 
春名 充明
15期生の春名充明(はるなみつあき)と申します。私は、現在、生まれ育った中山間地域の小さな町で働いています。普段、限られた人、限られた場所で生活をしていると、考え方が固定されているのではないか、町から一歩外に出て、知識や情報を吸収し、視野を広げる必要があるのではないかという思いから、岡山政経塾に入塾しました。得られた知識や情報を基に、ふるさとの町に貢献できればと考えています。1年間よろしくお願いします。
 
藤原 行照
1年前、玉野市議会議員となりました。 私の目的は、玉野を笑顔あふれる街にすることです。目的を達成するためには、思いだけではどうにもなりません。1年間の学びは、私を確実に成長させてくれました。2年連続の塾生となりますが、「鉄は熱いうちに打て」と言うように、さらに学びを深め、勝つための手段を考え、どのように戦うのか。その答えを見つけたい。笑顔あふれる玉野を未来へ繋ぐために、先導者としての気概を持って、自己研鑽し学び続けます。また一年間、ご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。
 
真鍋 智也
15期生の真鍋智也と申します。現在地元の金融機関へ勤務しており、岡山県内の中小、零細企業へ勤めている方々、個人事業を営まれている方々を幸せにしたい。という目的を持って日々仕事に取り組んでおります。しかし私は未熟であり、世の中の事、地元岡山のことさえもよく知りません。今までの私は目先の事にしか興味の持てない視野の狭い人間でした。そんな自分を変えるため、今まで関心のなかった政治、教育、アートに目を向け岡山の未来のために、何ができるかを考え、学び、体験する一年にしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
 
萬成 沙織
15期生の萬成 沙織(まんなり さおり)と申します。私は表町にあります平田光学という眼鏡店で働いております。人と接する仕事の中で自分自身の課題と向き合い、変わりたい・成長したいと強く思うようになりました。変える勇気を持って一歩を踏み出し、岡山政経塾で出会うことの出来る皆様方との交流の中で自分の世界を広げ、地元岡山で大好きな眼鏡を通じてお客様を幸せにできるよう、一生懸命学びたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。
 
山崎 穂
山崎穂(やまさきみのり)と申します。岡山理科大学附属高校2年生で岡山高校生会議の代表をしています。この一年間は先輩方の培った知識や教養に触れ、学校で習う以外の政治や経済を知り、実際の市場が動くには何が必要かを学び、「岡山高校生会議の組織化と活性化」「18歳からの投票をみんなが行くような活動」「16歳からの献血をみんなが献血するような活動」をやりきりたいと入塾しました。高校生では行動範囲も限られますが、 岡山政経塾の一人として頑張りますので宜しくお願い致します。
 
和田万里奈
15期生の和田万里奈と申します。これまでの自分から卒業したい。と考えていた時に岡山政経塾と出会いました。入塾したら何か変われるのではないか・・・。期待と希望を持ち入塾を決意しました。「視野を広げて新しい価値観を持つ自分に成長する」を1年間の自分の課題とし、興味のある地域おこしについても知識を深めたいと思っています。志の高い仲間達に出会えたことに感謝の気持ちを忘れず、共に様々な経験を重ね、議論を行い全力で学びます。1年間どうぞよろしくお願い致します。