岡山政経塾 OB会 会則

 平成25年 4月14日 改訂版 

目次

第一章 総則
第二章 目的、および事業
第三章 会員
第四章 会費
第五章 役員
第六章 総会
第七章 役員会
第八章 運営委員会
第九章 総務委員会
第十章 資産及び会計
附則
第一章
 総則
【名称】
第一条 この団体は岡山政経塾OB会と称する。

 【所在地】
第二条 岡山政経塾OB会の主たる事務所を岡山県岡山市北区表町2丁目10番21号−406に置く。
第二章
 目的、および事業
【目的】
第三条 当団体の目的は、次の通りとする。
  @ 岡山政経塾と連携し卒塾生のさらなる研鑽を行う
  A 卒塾生同士のネットワークづくり

【事業】
第四条 当団体の事業は、次の通りとする。
  @ 研修会の開催
  A 岡山政経塾生の募集活動への協力事業
  B 岡山政経塾の行う活動に対しての参加及び協力
  C その他岡山政経塾の発展のため必要に応じて意見・提案を行う
第三章
 会員
第五条 岡山政経塾生は岡山政経塾を卒業すると自動的に岡山政経塾OB会会員となる。
第四章
 会費
第六条 会費については徴収しない。但し、事業毎の参加会費は除く。
第五章
 役員
 【定数】
第七条 役員 7名以上

第八条 監事 2名以上(1名は前会長が就任)

第九条 役員のうち、1人を会長、4人以上を副会長、1人を総務委員長、1人を総務副委員長、1人を運営委員長、1人以上を顧問とする。
  (運営委員長、及び総務委員長は兼任も有り)

 【選任】
第十条  役員及び監事は、総会において選任する。

第十一条  役員(副会長)は各期から1名以上を選出する。但し、会長職  任期が終了した期生からは選出しない。

第十二条  運営委員長は役員会の承認をもって運営委員を指名する。

第十三条  総務委員長は役員会の承認をもって総務委員を指名する。

 【任期】
第十四条  役員の任期は1年とし再任を妨げない。但し、会長は再任せず1年毎の改選とし、次期生より選出する。

 【解任】
第十五条  役員が次の(1)・(2)に該当するに至ったときは、総会の決議によりこれを解任することができる。
  (1) 心身故障のため、職務遂行に堪えないと認められるとき
  (2) 役員としてふさわしくない行為があったとき
第六章
 総会
 【種別】
第十六条  総会は、通常総会及び臨時総会の2種とする。

 【構成】
第十七条  総会は、会員をもって構成する。

 【権能】
第十八条  総会は、以下の事項について議決する。
       ●事業計画書及び収支予算並びにその変更
       ●事業報告及び収支決算
       ●役員の承認又は解任
       ●事務局の組織及び運営。
       ●会則の変更
       ●その他運営に関する重要事項

 【開催】
第十九条  毎事業年度1回開催する。(毎年4月に開催)

第二十条  臨時総会は、次のいずれかに該当する場合に開催する。
       ●臨時総会は役員会が必要と認め、招集の請求をしたとき
       ●会員20名以上から会議の目的である事項を記載した書面を
        もって招集請求があったとき
       ●監事が監査の結果、不正行為もしくは会則違反を報告する
        必要がある場合
 【議決】
第二十一条  総会の議事は、出席構成員の過半数の同意でこれを決し、可否 同数のときは、会長の決するところによる。

第二十二条  やむを得ない理由のため、総会に出席できない会員は、あらかじめ通知された事項について、書面、口頭、メール又は代理人をもって表決権を行使することができる。
第七章
 役員会
 【構成】
第二十三条  役員会は、役員及び監事をもって構成する。

 【開催】
第二十四条  役員が必要と認めたとき
 
 【議決】
第二十五条  役員会の議事は、出席役員の過半数をもって決し、可否同数の場合は、会長の決することによる。

第二十六条  やむを得ない理由のため、役員会に出席できない理事は、あらかじめ通知された事項について、書面、口頭、メール又は代理人をもって表決権を行使することができる。
第八章
 運営委員会
 【構成】
第二十七条  運営委員会は、運営委員をもって構成する。

 【開催】
第二十八条  運営委員長が必要と認めたとき

 【業務内容】
第二十九条  運営委員会の業務内容は次の通りとする。
         ●研修会の運営
         ●事業計画作成
第九章
 総務委員会
 【構成】
第三十条  総務委員会は、総務委員をもって構成する。

 【開催】
第三十一条  総務委員長が必要と認めたとき

 【業務内容】
第三十二条  総務委員会の業務内容は次の通りとする。
        ●OB会全体の会計管理
        ●分科会などで発生する寄付金などの管理
        ●事務局作業
        ●予算計画
第十章
 資産及び会計
 【構成】
第三十三条  この団体の資産は、次の各号に揚げるものをもって構成する。
        ●寄附金品
        ●事業に伴う収入
        ●その他
附則 平成18年10月19日 初版
平成19年 5月26日 改訂
平成20年 3月22日 改訂
平成22年 5月22日 改訂
平成23年11月25日 改訂
平成24年 4月27日 改訂
平成25年 4月14日 改訂
 趣意書 会則 2004年 05年 06年 07年 08年 09年 10年 11年 12年 2013年事業