2009年 直島特別例会

 
◆采女 康宏(岡山政経塾 八期生)
ベネッセアートサイト直島合宿レポート
  直島特別例会に参加して



○はじめに
今回の直島特別例会での経験はとても意義深いものでした。
過去の100km歩行、自衛隊研修でも、同様の事を述べておりますが、今回の経験は質が違います。
これまでは、どちらかというと体で学んできましたが、今回は、例会の目的(見る・聞く・体感する。考える力を身につける。発想の転換をする。)通り、五感をフルに活用し学びました。
また、貴重な経験とともに、多くの出会いがあり、今回の特別例会は忘れることが出来ないものとなりました。

○犬島
私が最も苦手とする“アート”、今回は「とにかく、五感で感じてみて、自分なりに得られるものがあれば!」そんな思いで犬島に足を踏み入れました
約100年前、銅の精錬所として建築され、わずか10年足らずで廃業してしまいそのまま放置されてきた跡地。
その工場跡地を、そのまま残し、一方では自然のクリーンエネルギーを効率的に使い、建物内には暗い中にも明るい太陽光が取り入れられており、「明と暗」「過去と未来」「人工と自然」がみごとに融合されていました。アートのわからない私にも、設計を手がけられた三分一博志氏のこだわりと建物にこめた思いを感じ取ることが出来ました。

○直島
犬島でアートに対してのアレルギーが薄れ、アートに興味を持ち、次に向かった直島。
訪問するまでは、島にアートという状況がイメージ出来ませんでしたが、実際訪問してみると、全く違和感がなく、アートが町並みに溶け込んでいました。直島はアートによる島起こしが着々と進んでいる感を受けました。家プロジェクトは周りの家々にも影響を与えておりエリア一帯が相乗効果を生み出していました。
地中美術館は建物・展示作品・雰囲気ともにとても洗練されていました。7期生の藤井さんが、実際施工に携われており、その時の話も含め詳細にご説明頂きました。とても興味深く、理解も深まりました。
直島はまさにアートによって島が発展しています。観光者の多さ、町の活気、アメニティの充実度を見ても、この先、飛躍的に発展していくものと確信しました。直島の評価は日本以上に海外の方が高いと聞きましたが、納得できます。
よく、島起こしの一環としてリゾート開発を行い、表面的・一時的に活性化させようとする例がありますが、時代と共に、必ず衰退していくと思います。しかし直島の様にアートでの島起こしは本物で、時代の変化による流行りすたりがなく、むしろその時代に応じて見る人の感じ方が変わるので、ますます進化するものと思います。

今回の特別例会を通じ、最も意義深い経験であったのが、福武幹事の講演でした。
本音で語られており、過去のどの例会の講義よりもわかりやすく、すんなりと入ってきました。今までどのような点に着眼し生きてこられたのか、どう生きるべきかが、非常にわかりやすい言葉と表現で述べられていました。講演時、配布頂いたレジュメは今も手帳にはさみこみ、事あるごとに読み返しています。
講演後の懇親会ではお酒も料理もロケーションも最高に素晴らしく、本当に贅沢なひと時を過ごさせて頂きました。また、福武幹事や地元の方(菊さん)との語らいはとても有意義で楽しかったです。

○豊島
アートを堪能し、有意義な講演を聴き、そしておいしい食べ物を満喫した私は半分旅行気分になっていました。ところが、豊島にて石井元県議からのお話しを聞いて、旅行気分が瞬時に吹き飛び、気が引き締まりました。
実際、不法投棄された産業廃棄物の惨状を目の当たりにし、改めて石井元県議の話を聞くといかに大きな事件だったのか、また、住民と産廃業者と行政との戦いの壮絶さを改めて認識しました。ニュース等で事件の事は知っていましたが、報道されていた内容及び私の理解は不十分なものでした、改めて、自分自身で見て聞いて感じ、真実を把握する事が重要だと感じました。
そんな、過去の暗い影を残している豊島ですが、風景とそこに住んでいる人たちは素晴らしく、老後はこんなところで自給自足をしたいと思わせる島でした。現在豊島に新しい美術館が建設中ですが、豊島のアートは私に何を感じさせてくれるのか、そして、どんなメッセージを与えてくれるのか、今からオープンが楽しみです。

○最後に
今回の例会では自分の可能性を広げてくれる、新たな発見と出会いがありました。
また、私の興味の中に「アート」という項目が加わった事も大きな収穫です。
今後も、あたりまえの幸せを実感し、生かされている事に感謝し、どんな環境下に於いても楽しむ事を忘れずに生きていきたいと思います。
最後になりましたが、今回の機会を与えてくださった、小山事務局長、私の人生に転機を与えてくれた福武幹事、いろいろ段取りをして頂きました6期生の西美さん、7期生の藤井さん、8期生例会担当の森田さん・吉田さん・渡辺さん、本当にありがとうございました。