2011年 松下政経塾特別例会

 
◆石川 英知(岡山政経塾 十期生)

《松下政経塾合宿レポート》
  『岡山政経塾生として松下政経塾の門をくぐる』




【3つの目的 】
 岡山政経塾10期生として、松下政経塾1期生である野田内閣総理大臣が就任された平成23年9月のちょうど同じ月に、松下政経塾特別合宿に参加することができました。私は今回の特別合宿を心待ちにすると同時に、3つの目的を持っていました。1つは、松下政経塾に集い学ぶ人財と岡山政経塾に集い学ぶ人財では日本国を思うが故の問題認識の持ち方に違いがあるのかどうかを調べること。1つは、松下幸之助塾主の理念の集大成である松下政経塾を体感すること。そしてもう1つは岡山政経塾10期生としての志を伝えてくることです。


【違いはない 】
 現役の塾生の方々と、懇親会の場ではあったけれどもセッションできた事で、この国を思うが故の問題認識の持ち方に違いはないものと思いました。人、物、金、情報が一極集中することで起こる経済、教育、社会保障などの格差問題については問題認識を共有できていると思いました。しかしその中で、中央からみた地方という観点と、地方からみた中央という観点だけでなく、海外からみた中央と地方という観点では、同じ日本国を捉えた場合でも問題認識に対する課題設定がまったく違うということを改めて思いました。今後はこの時の問題認識について、どう課題設定を行いその課題解決に向けてどの様に取り組み、また取組まれるかを考察していきたいです。


【素直な心 】
 松下幸之助塾主が創設以来、数多の政財、教育等の各界において秀逸なる人材を輩出してきた松下政経塾の門をくぐることができたことは、素直に嬉しく、又、ひとときの間でしたが塾主の教えを感じ、それを岡山に持って帰ることができたと思います。こうした得がたい体験をし、考えていくことができるのも、塾訓にある素直な心を持ち、自修自得の精神を持つことにあると思いました。  それと同時に、岡山という地域社会での活動や、日常の生活一つ一つを見つめ直していくことを通じて、日本国憲法第25条にあるすべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む為にはどうあるべきか、なにをなすべきかという岡山政経塾の塾生として学んでいる意志をいくばくかでも伝えられたのではないかと思います。素直な心と自修自得の精神を持ち、これからも岡山政経塾の一員として、松下政経塾の皆様と切磋琢磨して行きたいと思います。お忙しい中、歓待いただきました松下政経塾の関係者の皆様、福田紀彦前神奈川県議、ありがとうございました。そしていつも得がたい体感に導いて下さる小山事務局長には本当に感謝しています。ありがとうございました。