2010年 松下政経塾特別例会

 
◆清水 睦代(岡山政経塾 九期生)

《松下政経塾合宿レポート》
  素直




○松下幸之助塾主のビデオ
一番初めに驚いた事は、松下政経塾設立時、松下幸之助塾主は85歳だったという事です。単純な私は・・「私まだ25歳だ。まだまだこれからだ」と思いました。
一番印象に残った言葉は「自修自得」です。(教わらずしてやる人・師を持たずして、その道へ達する)「なんで答えを教えてくれないのだろう?」と日常生活で疑問に思っていたからです。ですが、ビデオを見てから「答えを聞いたとしても、私は、きっと分かったふりでしかなかったのだ」「遠回りしてでも、自修自得精神を忘れないでおこう」と、すごく前向きになれました。


○講義
政経=難しい話とイメージを持っていましたが、イメージが変わりました。
私でも理解できる言葉で話をしていただき、とても分かりやすかったです。
私は周りの小さな小さな社会の話でしか物事を考える事ができない事に気づきました。


○「国家と国民を愛し」
自由行動で靖国神社に行った時も、この言葉を思い出しました。言葉の本当の意味は分かりませんが、一国民として私の出来ることを探求し続け、85歳になった時も夢や理想を持ち続けたいと思いました。


岡山政経塾に入塾し半年が経ち、今まで何も思わなかった何気ない事に喜びを感じる事が多くなった気がします。久しぶりに畳の上に寝転がり「日本に生まれて良かった」と思うようになりました。緑に囲まれた松下政経塾に1泊2日過ごさせていただき、心が休まりました。直島に引き続き早朝研修、庭のお掃除と海を眺めながら30分間の散歩をすると、すごく心が晴れ晴れした気持ちになりました。そのあと1時間ほど時間があいたので緑を眺めながらコーヒーを飲み充電完了!
自由行動も同期の方々と一緒に過ごさせていただき、岡山出発してから終電まで、充実した時間を過ごす事ができました、ありがとうございます。
松下政経塾例会に参加させていただき、ありがとうございました。