2010年 松下政経塾特別例会

 
◆塩田 英喜(岡山政経塾 九期生)

《松下政経塾合宿レポート》
  【成功の秘訣】




《はじめに》
松下政経塾といえば、かの松下幸之助氏が私財を投げ打って創設した養成所としては有名です。
商売の神様と呼ばれた方が未来を見据えて作ったこの地で何かを得て帰ろう、そんな漠然とした気持ちで門をくぐりました。


《松下幸之助氏に触れて》
ビデオでの演説や塾是・塾訓等にその偉大さがにじみ出ており、正直自分がこんなにも小さな人間であるかと痛感致しました。とにかく前向きで謙虚、素直な心を持ち、自分に厳しく人に優しい人、そう感じました。
日常生活の様々な場面で自分に甘え、人に甘え、妥協し、謙虚さを忘れ・・・そんな毎日を送っている自分では決して明るい未来は無いと深く考えました。


《講義を聞いて》
茅ヶ崎市議会議員の先生と、藤沢市長の講義はどちらも聞き入りました。何か新しいことをしたいという気持ちも十分伝わったのですが、それ以上に自分自身でかなりのリスクを負って政治をしているのが印象的でした。
覚悟を決めて政治をしているといいますか、自分の信念を貫いているのがすごくカッコ良く見えました。


《最後に》
成功の秘訣、松下幸之助氏に言わせれば「続けるまでやること」だそうです。
言うのも聞くのも簡単ですが、これほど難しいことはありません。
冒頭で述べたように、自分の弱さが至る所で表れ、それを邪魔するのですから。
現に松下政経塾で学んだ瞬間は自分自身も「変わろう」と思ったのですが、数週間が経過すればそんな風に思った自分は何処にいったのか、今までどおり日常生活を送っています。


こんな経験は今まで何度もしてきました。同じことの繰り返しをしているだけの様な気がしますが、それでもまた思ってみようと思います。
自分で「変わりたい」と思っているのなら、その気持ちに「素直」に生きていこう、そう思いました。

                                      以上