2010年 松下政経塾特別例会

 
◆片山 準平(岡山政経塾 九期生)

《松下政経塾合宿レポート》
松下幸之助の理念に学ぶ合宿レポート
  「素直な心・志」




【はじめに】 
 このたび「松下幸之助の理念に学ぶ」という目的のもと、松下政経塾での合宿に参加した。私の中での松下政経塾とは「本部・本家」といったイメージで、どんな場所でどんな空気でどんなオーラなのか、非常に楽しみであった。


【松下政経塾】
 到着。イメージしていた松下政経塾よりも数倍オーラのある雰囲気。塾内を古山塾頭に案内していただいた。茶室の一角に掲げられた松下幸之助氏の書。

           『素直』
 ものすごくシンプルな言葉ではあるが、自分に最も足りないもの、素直な心。シンプルすぎて余計に心に響く。ただ素直という言葉を見ただけではこのような感情にはならないが、この地で見ること・松下幸之助氏の書ということがここまで心に響かせたのではないか。今までの私はこのシンプルな言葉の意味を理解できていなかったのだろうが、この合宿にて多少は理解できたような気がする。この書を拝見できただけでも充分な学びは得られた。


【講義】
 松下幸之助氏・松下政経塾のVTR、古山塾頭、茅ヶ崎市議 海老名健太朗氏、藤沢市長 海老根靖典氏、29期 高橋宏和氏。心に残るフレーズや、わくわくする講義ばかりであった。特にエビケンこと海老名健太郎氏と海老根靖典氏の講義を拝聴し、このような方々が市議・市長なら市が活性化し町おこしも進み、非常に楽しく住みやすい市ができるのではないかと感じた。私の住む岡山県玉野市には何か物足りなさを感じる事が多い。特に観光面での活性化をもっと推し進めていけば…と思うことが多い。この御二方のような、市に革命・改革を進める人物が出てくれば、と強く感じた。

『政治家を先生と呼ぶな』
『コップに半分水があるのを見て、半分しか無いと思うか、半分もあると思うか』


 志を強く持ち自分の住む街を心から愛し、よりよくしていこうと奮闘されているお二方に感銘を受けた。この姿勢は政治だけに当てはまるものではなく、仕事や私生活にも充分に当てはまる。日ごろの仕事や私生活からこのような姿勢を持ち、熱く、人のために何が出来るかを常に考え生きていく。非常に熱くプラス思考の塊のこのお二方のような人物になる、と心に誓った。


【最後に】
 松下政経塾合宿に参加しますます政治に対するイメージが変わった。こんなにもわが街を愛し、わが街のために奮闘している政治家がいたとは。政治=硬い、こんなイメージだったが、政治=参加型のようなイメージに。何かを変えるには自分が変わらなければ、そして自分が何かを変えていかなければ。言葉にすると意味が分からなくなりそうではあるが、自ら自習自得し研鑽を積み、志を強く持ち自らの目的に突き進んでいく、こんなイメージ。
 プラス思考に、素直に生きていく。