2008年 松下政経塾特別例会

 
◆難波 宏行(岡山政経塾 七期生)

《松下政経塾合宿》




<@ はじめに>
今回、松下政経塾に行き何を学び、感じてきたら良いか、松下幸之助が一経営者にとどまらず、なぜここまで名を馳せているのか、本人の意志が根付いている現場へ行き、少しでも私の人生の志、その方向性を定めるきっかけであればと考え臨んだ。

<A 松下政経塾(松下幸之助)とは>
・内容としては、塾是、塾訓、五誓にすべてが物語っている。いかにして将来の日本の志の高いリーダーを世に輩出し、より良い日本にしていくか、80歳にして当時の日本の現状を憂い、100年後200年後の将来を見据えている。
「政治が一番大事、国民が平等に政治に参加する本当に良い政治を」
・塾訓にあるように、自修自得をもってやるべし。宮本武蔵のように、誰かに剣を習った訳でもなく、教わらずして自らを創る。先生から教えられる事の範囲はタカが知れている。平均的に良い人間の育成をしているのではなく、常識に囚われないひとりの「名人」の育成を心がけている。
その思いに集う塾生の共通点がある。
            それは      である。

「人間を磨き、志を磨く道場である」
「公に対して自分の人生で何ができるか、日々の努力ができているか」
ほんの数か月前、緊張しながら演壇に立ち決意を述べた自分の姿を思い浮かべる。
・運と愛嬌…運がある人とはどのような人か?
「志が明確である。素直な心を持っている。元気で熱心に取り組める。」

<B 松下政経塾生講義>
それぞれの取り組みに対して講演いただいた。

〜・〜海老根靖典 藤沢市長〜・〜
市民経営と地域経営を実現するため、国政よりも身近で小さな単位の市政を選ぶ。海老根市長が松下幸之助を語る。「学校を出ていないため、人の話を良く聞く(風通しが良い)。体が弱かったから、人に任せた(事業部制)。学校が出ていない、体が弱い、これらは失敗の理由に成りがちだが、成功の理由には成りにくい(プラス思考) 成功したときは、運が良かったと言い、失敗したときはわしの実力が足りなかったと言う(謙虚)」
落選の連続でアメリカ大統領になったリンカーンを挙げ、「成功の要締は成功するまで続ける事にある」
〜・〜前田正子 前横浜市副市長〜・〜
横浜市の福祉の在り方や、市の抱える問題点を抗議いただく。問題はそれぞれあるがその地域で生活をしている大人に問題があると考える。政治ができる事は、「そこに住む人々の公的意識を高め、何が市民(人々)にとって幸せかと言う1つの目標を掲げれば、政治の手段や手法は決まってくるのでは」

〜・〜宮川典子 松下政経塾生〜・〜
教育とは何か
その子供の命を守り、未来に向けて夢を語れること
健康な人を、健康にすること
子供の心に赤々と火を灯すこと(森信三)
国土があるから国ではなく、政治があるから国ではない。そこに人がいるから国なのである。教師自身の人間観や理念感を育てるカリキュラムが必要。それは親自身も同等である。教育で日本を立て直す。強い意志を感じた。

〜・〜宇都隆史 松下政経塾生〜・〜
お茶を立てていただきました。松下幸之助が寝泊まりした茶室で、目の前には「素直」と力強い直筆の書に触れながら不慣れな作法でお茶をいただきました。「ここには松下幸之助のオーラを感じるのですよ」と一言、幸之助自身がお茶には特別力を入れているらしく、お茶の席では日本の文化を多く感じる事が出来る。世界に発信する人は日本の文化を知っていればこそ主張できるのでは、と感じた。

<C おわりに>
すべてを通して感じたことだが、抗議いただくすべての方々のすべての言葉がとても心に響いてきました。その人の志や理念や活動の意義と人生の進むべき道とが、迷うことなく真っ直ぐとしている事に気付く。生きる上で私は何をしていかなければならないか、そこにぶれない意味を持たせる。私の人生を生きる意義を、深く考えさせられました。
このような貴重な機会をいただき、ありがとうございます。