2007年 松下政経塾特別例会

 
◆高森 悠輔(岡山政経塾 六期生)

《松下政経塾レポート》



9月8日、9日聖地と呼ばれる松下政経塾を訪れた。
まず、並木の奥にそびえるアーチに迎えられた。
「経営の神様」松下幸之助氏が日本を背負う後進のため作った松下政経塾。
建物・敷地その雰囲気にただ圧倒された。

松下幸之助氏は困難に直面したさい「成功すれば運がよかった。失敗すれば実力が無かった」つまり、決してその要因を他人のせいにせず、謙虚な姿勢で自分の中に求めたのではなかろうか?その姿勢は要因を求めるのと同時に他人に共感を得、成功への力になっている。

2日目の朝、裏庭の掃除をさせていただいた。
「身の回りをきれいにできない人間が、日本をきれいにすることはできない」という一言があった。これは日々の積み重ねの大切さと同時に普段、目のやることのない細かいところを見る大切さを言っているのではなかろうか?

成功を収める人は必ず目には見えないところで努力していると感じた。
自分の置かれた環境をみつめ、今後の目標に向かって努力していこうと思う。

今回の例会で多くの学びをいただき、お世話になりました幹事の皆様、松下政経塾の皆様、岡山政経塾の皆様、本当にありがとうございました。