2007年 松下政経塾特別例会

 
◆河本 高宏(岡山政経塾 六期生)

《松下幸之助が残したかったこととは》




私の想像の中で松下政経塾とは将来の国家を担いうる指導者育成所とばかり思っていた。
しかし、実際聖地に足を踏み入れてみると広大な敷地にアーチ門、茶室など松下幸之助の思いが散りばめられている。朝からの掃除や体力づくり、その一つ一つに学ぶべきことがあり、その思いに興味を持ち、もっと知りたいと思った。
『塾生は日本の伝統精神を学び、人間観、歴史観、国家観の基礎を学びいずれも自修自得のもと自らの志の確立を目指すこと』となっている。政経塾では常勤の講師を置かず、塾生が主体性を持ち、自らが向上していこうとする積極的な姿勢を堅持し研修を進めていく。まさに自主自立のことである。また見ること聞くことすべてに学び、一切の体験を研修と受けとめていくことが真の向上がある。これまた万事研修である。五誓に書かれてあることすべてが、物事を成し遂げる大きな要素となることを気づかせていただいたことが、私にとっての財産になった。

今回の例会は政経塾で何を学ぼうと思ったか再確認ができた。これまでは向上していこうという思いはあったが、常に空回りしている自分がいた。しかし今回の研修で「五誓」が自分に足りなかったのだと気付かされた。悩み迷ったときこそ、五誓に立ち戻り物事の本質を見極めていきたいと思う。2日間という短い時間ではあったが、自分自身を改めて清めることができ、新たな志と新しい人間観を発見することができた有意義な時間だった。

松下政経塾、岡山政経塾の合同例会を開催していただきました、逢沢幹事、小山事務局長、松下政経塾の関係者の方、貴重な時間を割いて頂いたことに感謝いたします。岡山から日本に新たな風を送り込めるように、頑張って行きたい。