2006年 松下政経塾特別例会

 
◆安木 進(岡山政経塾 五期生)

松下政経塾例会レポート「まっすぐな思い」》




松下政経塾での2日間は、今までにないまっすぐな思いをぶつけられた研修でした。この半年間、本当にかつてない量の思いを学ぶことができているんだということに気づきました。この学びを与えてくださった全ての方に感謝いたします。

■松下政経塾の印象
建物の白さが強烈に印象に残っています。素直な心を表したものの一つではないかと感じました。また、敷地全体に広がる静けさが気持ちを落ち着け、心が洗われる感じがしました。

■講義
「首長はやりがいがあっておもしろい」講義での山田区長の言葉です。その後、数々の事例を聞くうちに目から鱗が落ちる思いがしました。行政が住民と対話し、ニーズを汲み取りつつ自らが考え、制度を生み出していく。そのために必要な「何が正しいのか」を理解し、市民に説明するのが首長の仕事である。
・・・私は正しいことが何なのか、説明できないでいるのではないだろうか?
国の方針が、県の方針が、法律にないから、とできない言い訳をしていないか?と自省しきりでした。
もっとも興味深かったのが「職員の頭数を減らす→減った職員数では現在の仕事量はまかなえない→仕事の割り振りを考え直し、民間委託が増える」という行革のお話でした。役所の中では「人員をこれ以上減らしてどうやって仕事するんだ」という意見が当然のようにありますが、瀬戸内市シンポジウムでの村尾先生のお話にありました「公務員がしなくてはいけない、という視点を取り払う」ことができていなかったことに気づかされました。

土肥先生の講義でもっとも印象に残ったのが「明石タコ検定」でした。
まちづくりを根付かせるキーワードのひとつに「おもしろいことをやる」というのがあると思いました。先生が「タコ検定は飲み屋(で話している)ネタ」と話されてましたが、「飲み屋ネタ」は多くのまちづくりの成功事例の鍵ではないかと感じました。その上で楽しみながら持続的、多角的な収益を得られる仕組みづくりが重要であると実感しました。


■塾生の「思い」
塾生発表では、山中さんの「地元、松戸市をよくしたい」思いがまっすぐに迫ってきました。同年代の山中さんが選挙に出て政治からまちをよくする思いは、私が入塾式で表明した公務員として、地元住民としてまちをよくしたいという思いと通ずるものがあるように思いました。改めて自分の役割を考え、行動しないといかん、と強く心に刻みました。

兼頭さんの発表では精神文化の支柱というキーワードが多く出てきたように思いました。人を結びつけるのは文化であり、人の結びつきが自治を形成し、経済、環境、教育がリンクしていく仕組みを聞いてすぐに直島の映像が浮かびました。


■私の課題
塾主の「日本の伝統にたった国家経営」という言葉。塾頭の講義での「足元の理解」という言葉。日本を知り、日本人を知ることで誇りを持ち、自らの考え、何が正しいのかを理解し、行動に移していくこと。私の課題であると認識しました。
今後の学びの中でこの課題を常に意識し、地に足の着いた考えを持って行動していきたいと思います。