2006年 松下政経塾特別例会

 
◆彭 小武(岡山政経塾 五期生)

《世のため、人のため、ひいては自分の為になることをやったら必ず成就します。――松下幸之助》




 「世のため、人のため、ひいては自分の為になることをやったら必ず成就します。」これは松下政経塾主松下幸之助が塾生に向って語った言葉であったそうです。この言葉の重さ、深さを探るために、私は松下政経塾例会に臨みました。1泊2日のハードな日程でたいへん疲れたが感動を受けて学んだことをここで皆さんと共有したいと思います。

第1印象
 朝、7時ごろに岡山からANAで東京に到着して、1時間ぐらい電車で移動しました。松下政経塾の玄関を目にした時、その威厳と芸術性に圧倒されました。高く聳え立った白いアーチ門に太陽、それに向かっている青年が彫刻されています。その門の下に立った時に、どんな困難でも乗り越えていけるという力を感じされました。

杉並区長の講話
 その日の午後、松下政経塾2期生の山田宏、杉並区長が私達に講義をしてくれました。堅苦しい理論ではなく、杉並区長の実践談をいろいろ聞かされて、個性と魅力のある町をめざす区長の責任を感じました。世界がグローバル化し、変革の著しい社会の中で、市民に安定かつ最高のサービスを提供し、安心かつ快適に過ごさせるには何が大事なのか?何をすべきなのか熱く語られました。
その話しを聞いた私は私たちがこの社会に何を求めているか?この社会のために何ができるかと改めて反省して、自分自身のやるべきことについて考えさせられました。

僕の感想
 「人間性を高める」というのは松下政経塾の宗旨であり、松下幸之助の思想であります。茶室に掛けられていた「素直」という書のように、人間が素に戻って自分自身を見なおすことが大事です。今回の合宿のようにして皆が一堂にして、身体を鍛えて思想を交換することは、人間性を鍛える絶好の機会だと思います。しかし、人間性というのは一朝一夕で形成できるものではなく、生まれ付きのどうしても直せない「悪性」というのは人間誰でも、持っているものです。僕の理解では、「人間性を高める」というのは「悪性」を完全になくすのではなく、人間性のなかの善の部分を伸ばすことによって高めるのではないかと思います。
 いろいろと考えされたとても有意義な合宿だったのです。