2006年 松下政経塾特別例会

 
◆多賀 伸一(岡山政経塾 五期生)

《松下政経塾レポート》




* 松下政経塾とは
 サーフボードを抱えた若者たちが集う茅ヶ崎という場所に、独特の雰囲気を漂わせる空間。一歩足を踏み入れるとそこには、立派な庭園と建造物。少し違和感を感じたのが、第一印象でした。
 松下政経塾とは、日本の伝統精神『衆智・主座・和』を学ぶ場であり、選挙や戦術の前に、人間を考え人間を知る場であると思います。建造物にも隅々まで塾主・松下幸之助の意図が多く含まれていることには、大変感動しました。
 
* 講師の方々
 大変お忙しい中、貴重な講義を頂けたことに感謝いたします。
 「五誓」の「一、先駆開拓の事」にある通り、発想の豊かさなど講義の内容には感動しました。第一線でご活躍されている方々なので当然ですが。
 中でも、山田区長の講義の中で『教育』のお話が印象的でした。「教育は、子供のことを考えているようで大人のことに強く影響する」「教育=経済」「教育に力を入れると、コミュニティーが変わる」とお話されましたが、今まで「教育=子供」という発想しかしておらず、少し視野を広げて現在起こっているさまざまな問題を考える必要があると思いました。卒塾論文の精度を上げるためにも、既成にとらわれず学び続けたいと思います。

* 最後に
 二日間という短い時間でしたが、はじめに感じた感覚は消えてしまい、松下政経塾は在るべくしてそこに在ると思いました。また、松下政経塾を知りそこで過ごせた時間は、自分にとって本当に価値がある素晴らしい経験になったと思います。
 全てはこの岡山政経塾に入塾させていただいたからであり、この様な貴重な経験を与えてくれる岡山政経塾、そして支えてくださる皆さんに感謝したいと思います。
 卒塾まであと半年程ですが、自分という人間を高め、出会いを大事にし少しでも成長できるよう研鑽を積んでいきたいと思います。