2011年 100km Walk

 
◆中村 徳秀(岡山政経塾 5期生)

岡山政経塾 100km歩行レポート             2011年5月17日
「24時間100キロ歩行サポートを終えて。」



【1.初の24時間フルサポート】

 当然ではあるが、100キロ歩行には毎回新鮮な学びがある。今年は、チャレンジャー達と同じく、24時間通してのサポートであった。計2箇所の誘導ポイント、終盤は後楽園にて従事した。部分的にではなく、24時間で何を学ぶのか。職業を変え、人生の転換期にある自分がさらに成長するための何かを学ぶ、という目的をもって今回は参加させて頂いた。



【2.最大の学び】

 「勝つための準備をする。」
 トップでゴールテープをきった西村さんをご自宅まで一旦車でお送りするという機会に恵まれた。車中、ご質問させて頂き、大きな発見があった。西村さんトップの秘訣は「徹底した事前準備」にあると私は理解した。西村さんはコースの下見の中で、道路の状況を分析し、ご自分がどう歩かれるかを具体的にイメージされていた。負担を軽減して歩くコース取りまできちんと事前に考えられていた。給水にしてもどこの店で何本購入する、自販機の商品の内容、次の店までの距離等を考慮し、どこで水をどれだけ購入するかまで事前にすべて決めていた、というのである。西村さんの話をきいて私は思う。要は戦う前に成否は決まっていた。西村さんは勝利するためのシナリオを描き、しかるべき準備を徹底して行っていたのである。
 100キロ歩行はタイムを競うものではない。それは百も承知である。ただ、人よりも優れた成績を上げるにはその成績を上げるための準備が必要であるという事実を改めて学ばせて頂き、そのことをレポートの読者の方々へ強く、お伝えしたい。



【3.総括】

 100キロ歩行の今後についてふと思う。毎年、深い学びのある100キロ歩行。県民の方々にもチャレンジ、学びの場を提供させて頂いても良い時期が来ているように思う。地域の発展を願う岡山政経塾だからこそ、地域の方々にも喜んで頂ける取組みを実行していく。
 いちOBとして自分は何ができるか。このテーマをもって考え、行動して行きたい。
 最後に、今回も私に学びの場を与えて下さった、100キロ歩行に携わるすべての方々に心より感謝申し上げたい。
 
                               以上