2011年 100km Walk

 
◆高橋 健太(岡山政経塾 10期生)

岡山政経塾 100km歩行レポート             2011年5月17日
「100q歩行 〜新しい自分との出会い〜」



1.はじめに
 100q歩行は私にとって自分自身を変える良い機会となりました。正直、当初私は「何でこんなことをしなくてはいけないのか?」「面倒くさい!」という思いが先行し、100q歩行への意気込み、やる気はほとんどありませんでした。しかし、それが100q歩行当日には「絶対に完歩するぞ」という強い決意の元スタートし、無事100q歩ききることができました。勿論、完歩できたのは自分一人の力ではなく、サポート隊の皆様、幹事の皆様、事務局長、同期の仲間、諸先輩方等々本当にたくさんの方々に支えて頂いた結果です。この場をかりて、応援し支えて下さったすべての方々に感謝申し上げます。



2.練習会
 週3回、7qを1時間で歩くという練習を約2ヵ月間行った。この練習会が私の「100q歩行への想い」を変化させてくれるキッカケとなった。当初100q歩行を甘く見ていた私は練習すら参加するのが嫌だった。しかし、一回目の練習に参加した時の衝撃を今でも覚えている。ただ歩くだけなのにどんどん先輩方と差がついていき、まったく追いつけない。これだけ歩ける人達がリタイアしてしまう世界。「100q歩行」に少しの恐怖と好奇心を抱いた瞬間だった。
 そして二回、三回と練習を重ねていく内に歩くスピードも上がり、この2ヶ月間で歩く為の筋肉を装備した。また、同期生の仲間との絆も深まり、「10期生全員完歩」という目標を掲げた。これで心と体の準備は整った。 



3.100q歩行前日
 物・体・心の準備を整えていたつもりの私は翌日の100q歩行にワクワクしながら、夜10時に寝ようと決めていた。しかし、夜8時サポート隊長の波多さんから選手宣誓の依頼をされた。「まじで?うそでしょ!」と思いながらついつい了承。結局、選手宣誓文を完成させ、翌日の荷物の確認をして寝床に就いたのは深夜2時。この時は最悪と思っていたが今考えるとこれも私が完歩できた理由の一つだと思う。選手宣誓したことで私の頭の中からリタイアの文字と不安は消え去り、「完歩」の二文字のみとなった。これで一番大切な心の準備は完璧に整った。



4.100q歩行当日
 後楽園を朝十時に出発。私はこの24時間100q歩行に天国と地獄を見た。また様々な感情を抱きながらの24時間だった。そして自分自身がとても成長することのできた時間だったと確信している。

0〜10q地点
 時速6qで歩こうと決めていた私は意気揚々とスタートした。景色を楽しみながら、予定通り10q地点に到着。この時はこの先訪れる地獄のことなど考えもしていなかった。楽しみながらの歩行区間だった。
10〜20q地点
 同期の仲間と話しながら和気藹々と歩いていた。途中昼食をとり1人になったが20q地点にも予定通り到着。もう5分の1が終わったかと100q歩行に余裕を感じていた。

20〜31q地点
 この区間は1人で歩いた。足に少しの疲れを感じていたが特に気にもならず31q地点に到着。ここで初めて腰をおろしての休憩をとった。ここで頂いたフルーツ、梅干し、特性ドリンクは最高だった。約3分の1が終わったという喜びも加わりまだまだ楽しむことができていた。

31〜40q地点
 35q地点、備前体育館まであと5q地点で急に足がいたくなった。しかも歩くほどにどんどん痛みがひどくなっていく。備前体育館には予定通りの時間に何とか辿り着いたが、足にはかなりの痛みを感じていた。100q歩行が限界への挑戦ということならば、今思えば私にとってここからが100q歩行の本当のスタートだったと思う。

40〜50q地点
 足の痛みは限界に達していた。足が思うように動かず、歩くスピードはかなり落ちた。他のチャレンジャーに追い抜かれていく。辛い、ただ辛かった。私は出来ない理由を考え始めていた。

50〜60q地点
 足には激痛。しかしまだ半分。「やめたい」私の心は折れかかっていた。閑谷学校まであと5q。「もう無理だな」と思った矢先、「高橋君?」と前方から声をかけられた。9期生の谷さんだった。ここで「伝統のタスキ」なるものを手渡された。タスキには数々の方達の名前が書かれている。話を聞くとこのタスキは毎年受け継がれているもので、これを受け取りリタイアした者はいないそうだ。そして受け取った者はどうしても完歩させたい人間に渡していくとのことだった。私の心は見透かされていたのだろうか?同時にリタイアを考えた自分が恥ずかしくなった。全力で応援してくれている人達がいる。私の心は奮い立った。そして全力で閑谷学校まで歩いた。しかし体はもう限界を迎えていた。

60〜82q地点
 この道程が本当につらかった。足にはかつてない痛みを感じていた。本当に地獄のような区間だった。応援してくれている皆様の想いに応えたいと思いながらもどうしても出来ない理由を探している弱い自分がいた。そしてどうしても消えない弱い自分にもの凄く怒りを感じた。情けない自分が顔を覗かすたびに「伝統のタスキ」を手渡された意味を考え、選手宣誓をしたことを思い出していた。そして凄まじい葛藤の中で何とか歩を進めることができた。82q地点に到着した時、それは己の限界を超え、今までの自分に打ち勝った瞬間だった。

82〜91q地点
足は相変わらず痛い。しかしたいして苦にはならなかった。弱い自分は完全に消え去っていた。85q地点くらいでかなり辛そうな同期生の石川さんが追いついてきた。「俺達歩く才能ないな」「二回目は才能ある人が歩けばいい」と冗談を言い合いながら歩いた。かなり元気がでた。同時に仲間の大切さを強く感じることができた。

91〜100q地点
 この区間私はこれまでのことを振り返りながら歩いた。楽しかった時、辛く苦しかった時、嬉しかった時、寂しかった時、本当に様々な感情を抱きながら歩いてきたことを思い出した。そしてあることに気付いた。どの場面でも必ず赤いジャンパーを着たサポート隊の方々が励まし、支えてくれていたことを。私は1人1人の顔を思い出しながら、心の中で何度も「ありがとうございます」と呟いた。そして最後の河川敷で再び石川さんに追いつき、一緒にゴール。勿論、そこには羽根のない赤い天使達が応援しながら待ってくれていた。私は今まで感じたことのない満足感と達成感でいっぱいだった。ここで見た景色、それはまさに天国のようだった。


5.100q歩行まとめ
 「何のために歩くのか?」私なりに100q歩行の意味を考えてみた。私は100q歩行の為すべての準備を整えていたつもりだった。というか、その時の自分にできることはすべてやった。しかしそれでも尚、困難にぶつかり限界を迎えた。ただ、目的達成のため準備を整え挑戦することは100q歩行に限らず仕事などの日常生活でも多々行っている。しかし、それがうまくいかなければ「仕方ない」と自分の限界を感じ諦めてしまうことも少なくない。それを非日常的な100q歩くという行為で自分の感じている限界は超えていくことができるものだと認識させてくれる。そして何事にも挑戦し諦めない新しい自分に出会うことができる。それが私の100q歩行に出した結論だ。