2010年 100km Walk

 
◆岩井 正美(岡山政経塾 7期生)

岡山政経塾100km歩行レポート
「2回目の100キロサポートに参加して」




■「サポート参加」
 毎年、100キロの時期になると、何だかワクワクします。 100キロを歩くチャレンジャーの皆さんの緊張感が見ていてとても刺激になること、そして、過去の自分を思い出せること、世代を超えた一体感が不思議とたまらなく心地が良いのです。
 サポートは、今年は短時間での参加で、主に夜から朝方にかけてで参加させてさせて頂きました。
 

■「2回目の参加の意味」
  2回目のサポート参加ですが、24時間サポート参加が出来ず、朝の集合と18時から8時までの参加となり、大変中途半端なサポートとなりましたが、私自身、2回目参加し、反省と感動がありました。

○反省
 月日が経つに連れて私自身が自分に甘くゆるい日々を過ごしていること。チャレンジャーの皆さんが100キロを一心に歩く姿を見て、自分     は日々限られた時間を、しっかりと活かしているのか考え反省させられました。
 
○感動
 深夜、70キロ地点に向かう真っ暗な土手道を、一心に無言で通過するチャレンジャーの方や、元気に「がんばります!」と声をあげて通過される方、さまざまでしたが、どなたも、自分との戦い真っ最中。そして気迫があり、我武者羅に歩く姿には無条件に心が動かされました。必死に頑張るを目の前にすると、何だか自分まで、頑張っている気持ちになり、錯覚しましたが、、、心が揺れ、熱くなる思いでした。
 
○過去の自分を思い出す
 2年前、必死で歩いた事を思い出しました。チャレンジャーだったんだ。と信じられない。というのが率直な感想です。私が100キロ歩けたなんて。
本当に奇跡だとしか思えない。もう1度歩けるか?いやムリだ。。。とずっとサポートしながら自分の過去を振り返り、チャレンジャーの方々と過去の自分を重ねて 見ていました。もう1度は2度とない。それが今の自分の弱さと、甘さだと実感しました。
 改めて自己研鑽をし成長せねば!思います。

最後に」
 今年も100キロサポートに参加させていただき、学びと、感動の場を与えてくださりました西原幹事、小山事務局長をはじめ、チャレンジャーの皆様、サポート隊の皆様、全ての方に感謝いたします。
ありがとうございました。

                    以上